×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング審査について −kyassingu theatre memo 7−

キャッシングに申し込むと金融会社は申込み時に入力した情報を鵜呑みにして「ポン」っと貸してくれるわけではありません。
必ず申込者へ融資可能かどうかの審査をしています。
審査の中で一番重要で時間も要する部分が、申込み時に入力した情報が正しいかどうかの確認です。
ここで、怪しいと疑われてしまったり、返済能力がないと判断されてしまうと融資が受けられません。


キャッシングの審査基準 −kyassingu theatre memo 8−

まずは、一言で簡単に言ってしまうと、借入する人の返済能力や信頼性が審査されます。
必ず申込者へ融資可能かどうかの審査をしています。
総合的かつ客観的に判断して、貸し出しを行って大丈夫かどうかが審査されます。
しかし当然のことながら金銭の貸付には貸金業法の規制などもあり、審査基準はより明確で厳しくなっています。


年収・借入件数
一番のポイントとなるのは、やはり年収と借入件数でしょう。
年収が多く借入がなければ(または少なければ)、もちろん審査には通りやすいです。

次に借入件数ですが、もちろん借入件数は少ないほうが審査には有利です。
どちらかというと、借入額よりも借入件数のほうが重視される傾向にあるようです。
借入件数については、ウソは言ってもばれますのでウソは言わないようにしましょう。


職種
年収の高い職種かどうかというよりかは、安定性のある職種かどうかのほうが重要視されます。
年収が多く借入がなければ(または少なければ)、もちろん審査には通りやすいです。


年齢
一般的に年配の方ほど信頼性は高く若い人ほど信頼性は低いですが、キャッシングの世界では逆になります。
若い人ほど、審査に通りやすく、年配の方ほど審査に通りにくくなります。
現時点で収入が低くても、今後に関しては年齢(社会経験)を重ねるにつれて収入が増えることも予想されます。
もし職を失ったとしても、次の職を見つけやすい年齢でもありますしね。


居住形態・居住年数
居住形態は持家や会社寮、年数は長ければ長いほど有利です。
転勤以外の理由でよく引っ越す人の場合、キャッシング会社が貸金を回収する時などにトラブルが発生しやすくなるからです。


キャッシング審査に通るためには −kyassingu theatre memo 9−

審査は以前より確実に厳しくなっています。
最近では、グレーゾーン金利の問題が表面化されているので、多くのキャッシング会社は金利を下げました。
以前は29.2%という高金利で貸し出すのが一般的だったのですが、最近では18%前後が一般的になってきています。
金利が下がるのは喜ばしいことですが、その代わりに審査基準が厳しくなりました。


グレーゾーン金利の問題から過払い請求も発生しており、それも審査基準が厳しくなった要因のひとつです。
過払い請求によって、過去に融資を行った人に対しても金利を引き下げて再計算して、多く払いすぎた利息を返金しています。