×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング申し込み前の準備 −kyassingu theatre memo 4−

キャッシングを申し込む際には、身分を証明するため一定の書類が必要になります。
下記のうちのいずれかを用意しましょう。


運転免許証
住民票の写し(発行後三ヶ月以内のもの)
日本政府発行のパスポート
印鑑証明書(発行後三ヶ月以内のもの)
各種健康保険証
各種年金手帳
各種福祉手帳
外国人登録原票記載事項証明書(外国人記載事項証明書。発行後三ヶ月以内のもの)
名前、住所(現在のもの)、生年月日のすべての情報が確認できる状態のものを用意しましょう。
有効期限が切れているものや、現住所が申込書と違う場合は、使用できないのでご注意ください。
また、申込み金額によっては源泉徴収票や所得証明など、所得を証明する書類が必要になる場合もあります。


キャッシング申込方法の種類 −kyassingu theatre memo 5−

インターネット
インターネット申し込みだと質問事項に対して先に申し込みフォームで入力するので審査がスムーズです。
24時間可能ですので、日中は仕事で時間が取れなくても自分の都合のいい時間に申し込むことができます。
来店の手間もなく、もし審査に落ちてしまったとしても、すぐに次を探すことができますのでとても便利です。


無人契約機
「誰にも見られずにキャッシングが出来る」と思うかもしれませんが、実際はモニター越しに監視されています。
無人契約機といっても機械が審査するのではなく、モニターを通じて人間が審査するので、店頭窓口と比べて審査の内容は同じです。
本人確認のための身分証明は必要になりますので、忘れないように持っていきましょう。


店頭窓口
「じっくり話を聞いてから利用したい」という方には店頭窓口がオススメです。
店頭だと担当者を目の前に審査をされるので、面接のように緊張してしまう方もいるようですが、
お茶を出してくれたり、相談にも積極的に乗ってくれるので、無人契約機よりも良いという方もいるようです。


キャッシング申込みの流れ −kyassingutheatre memo 6−

キャッシングを一度も経験をされていない方は、どのような流れで融資されるのか不安が多いと思います。
キャッシングの申し込みの流れを簡単におっていきましょう。


1:キャッシング会社を選ぶ
まずは、自分に合ったキャッシング会社を選びましょう。
キャッシング会社は、いろいろあります。


2:契約内容の確認
選んだキャッシング会社のホームページにアクセスして審査が通るかどうか確認しましょう。
その後、契約内容をきちんと確認して申し込みフォームへ入力しましょう。


3:契約申し込みへ入力
氏名、生年月日、住所などの必要事項を入力して、送信ボタンをクリック。


4:いよいよ審査
入力された情報をもとにキャッシング会社は、審査をおこないます。
通常融資金額が高額な場合や申込者の信用情報に問題がない場合、当日中に審査結果がでます。


5:審査結果通知
電話やメールで審査結果の回答がでます。


6:いよいよ融資
ネットや電話で、即日融資の場合、この時点で指定口座への振込が可能になります。
契約書が送付されてくる場合は必要事項をご記入の上確認書類を同封して返送します。
その後キャッシングカードが送付され、借入可能になります。